×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Contrex(コントレックス)とは

Contrex(コントレックス)はフランスのナチュラルミネラルウォーター第一号です。
1861年にフランス厚生省から認められた最初の“公益の水”としても知られており、その硬度は1551の超硬水です。
硬度の高い水に含まれるミネラルは腸のぜん動運動を促し便秘解消に役立ち、ダイエット中不足しがちなカルシウムやマグネシウムを豊富に含んでいることから最近はダイエットに効果があるミネラルウォーターとして人気です。
愛飲しているファッションモデルのSHIHOが、イメージキャラクターをつとめています。
美容効果やダイエット効果が期待できるので、通販で高いダイエット器具を購入したり、高いエステに通う前にぜひ試飲してみてください。

Contrex(コントレックス)の美容効果

コントレックスには、500ml中牛乳瓶約1本分のカルシウムとアーモンド約10粒分のマグネシウムが含有されているおり、ミネラル分が豊富で他のミネラルウォーターと比較しても、カルシウム量が群を抜いていると言われます。
カルシウムやマグネシウムを効果的に摂取するには、牛乳などの高タンパク高カロリー食品をとらなければならずダイエット中などは不足しがちです。
そんなミネラル成分をカロリーゼロのコントレックスが補ってくれます。また、女性は閉経するとエストロゲンという女性ホルモンが減少しそれと共にカルシウムが減少して骨がもろくなりますが更年期の骨粗鬆症改善や予防にも効果が期待されるなどコントレックスは機能豊富なミネラルウォーターと言えるでしょう。
更に、コントレックスは高ミネラルの硬水であることからおなかがゆるくなりやすく、便秘解消につながることからダイエット効果も期待できます。(飲み過ぎに注意)

Contrex(コントレックス)の効果的な飲み方

人間は1日に約2リットルから3リットルの水分補給が必要ですが、その半分は食品から得ています。
残りの1〜1.5リットルは水を飲まなくては摂取することができないので、カロリーの心配のないコントレックスで補うのが理想です。
コントレックスの飲み方はシンプルで、起床後にコップ1杯、朝食時、昼食時、夕食時、入浴前、入浴後。これだけでおよそ1リットルは摂取できます。また間食時にコーヒーや紅茶の代わりにコントレックスを飲べば、水分補給はほぼゼロカロリーですますことができます。
ただし、コントレックスは超硬水なので日本人には飲みにくい味です。
そんなときは、レモンを搾ってレモン水にすると飲みやすくなります。
なお、ダイエットに効果があるということでがぶ飲みする人がいますが、一気水をとってもあまり効果はありません。少量を回数多く飲むようにしましょう。

Copyright © 2008 Contrex(コントレックス)で手軽にダイエット